TOPページに戻ります . English ver.
インデックスに戻ります
研究プロジェクトIGES−JISEの森つくり
自然再生人材育成交流データサービス募集とお知らせ刊行物IGES−JISEとは?リンク
.TOP > 募集とお知らせ > 連続講座案内
.
アイコン連続講座のご案内


平成28年度 連続講座 「みどりを守り育む知恵・技術・心得」


IGES-JISE連続講座がシリーズ全6回に変わり東京都内で開催されます。IGES-JISE研究員が緑環境にまつわる話題を様々な角度からわかりやすく解説します。研究員と一緒に、身近なみどりや環境について理解をふかめてみませんか?

平成28年度連続講座はすべて終了いたしました。
多くのみなさまよりお申込み/ご参加いただきまして、ありがとうございました。



■主  催: 公益財団法人地球環境戦略研究機関 国際生態学センター(IGES-JISE)

■講義会場: IGES東京事務所 (新橋SYビル4階) 会議スペースA+B
  ※会場へのアクセス方法は以下のポスターをご参照ください。

■対  象:一般、学生(大学・短大生以上)

■参加費(実費・資料代等): 各回 一般 500円 (学生無料)

■募集人員: 各回20名(申し込み先着順)

■申込方法: 申込票に必要事項をご記入の上、FAX・メールのいずれかで下記までご連絡下さい。
  ※参加申込票は以下よりダウンロードいただけます。

    (公財)地球環境戦略研究機関 国際生態学センター
    総務担当:大槻
    Tel. 045−548−6270  Fax. 045−472−8810
    Mail: ecoinfom@jise.jp

■申 込 票: [PDFファイル]のダウンロード(151KB)  [Wordファイル]のダウンロード(18KB)

■ポ ス ター: PDF(927KB)

■講  師: 矢ヶ崎朋樹 (IGES国際生態学センター 研究員)

■講座内容:
下半期(全3回)---終了しました---
第4回 平成28年12月22日(木)13:30〜16:45
講義名: 都市で森をつくる
話題(予定)/ 都市のみどりの現状 / いま、なぜ、森が必要なのか / 都市での森づくり−その様々なねらいと手法 / 環境保全林とは / 環境植樹の心得 / 「環境のためにできること」とは / 生物多様性保全のための新たな配慮
第5回 平成28年12月27日(火)13:30〜16:45
講義名: 里山の現状と未来
話題(予定)/ 日本の里山の現状 / 日本の里山林とその主な樹種 / 里山の荒廃と再生 / 里山の知恵をさぐる / 植物にまつわる土着の知 / 海外でSATOYAMAを考える / ケーススタディ in ラオス / 知恵の源―先達に学ぶ「生きる力」
第6回 平成29年1月5日(木)13:30〜16:45
講義名: みなで考える『みどりの教育』
話題(予定)/ みどりと子供たちをめぐる現状 / 減りゆく都市のみどり / 子供たちの自然体験の実態 / いまの時代に必要な子供たちへのまなざし / 里山体験教育プログラムの実践例 / これからの「みどりの教育」―その課題と展望
※各講座における話題は予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

上半期(全3回)---終了しました---
第1回 平成28年6月6日(月)13:30〜16:30
講義名: 植物の世界へのいざない
話題(予定)/ 植物とは / 植物の名前 / 学名と和名 / 植物の分類 / 植物学の専門用語 / 植物のかたち / 植物の生態 / 植物観察、フィールドワークのすすめ
第2回 平成28年6月27日(月)13:30〜16:30
講義名: 暮らしを支えるみどりの役割
話題(予定)/ くらしと植物 / 植物利用の記録と学問 / 生態系サービスと植物 / 身近で見られる有用植物 / 木材の基礎知識 / 日本・世界の有用木材 / 色彩文化と植物 
第3回 平成28年7月19日(火)13:30〜16:30
講義名: 「森や草むらのエコロジー」入門
話題(予定)/ 植物社会学ことはじめ / 自然植生と代償植生 / 生態遷移と極相 / 植生の調べ方 / 植生の分類とその体系 / 植物社会の命名法 / 「群集」と「群落」



left IGES国際生態学センターへのアクセス
IGES国際生態学センターへの問い合わせ
Copyright,IGES-JISE. 1997-2016 right

HP制作 女子美術大学