芝生、葉っぱ、土、木かげ、アスファルトなど、身のまわりのいろいろな物の表面温度をはかりながら、まちなかを歩きます。
まちの中で一番「あついもの」は何だろう?
夏の間、涼しくすごせるようになるにはどうしたらいいの?
身体に影響をあたえる夏の暑さ(暑熱環境)について、みんなでじっさいに調べて、学習してみましょう!

日 時2019年8月10日(土)9:30~15:00
集 合エスカル横浜 2階会議室 9:30
横浜市中区山下町 84(みなとみらい線「元町・中華街駅」3 番出入口すぐ横)
参加費無料
対 象小学4年生~6年生とその保護者 10組
募集人員10組程度(抽選、申込締切後に空きがある場合は随時受付)
主 催公益財団法人地球環境戦略研究機関 (IGES)国際生態学センター
協 力牛久保公園愛護会、NPO法人子どもがかける虹の森ネットワーク
ダウンロードフライヤー
  • 各自昼食をご持参下さい。神奈川近代文学館の会議室で昼食・休憩をとります。
  • 野外を歩きますので各自、炎天・暑さ対策をお願いいたします。
  • 散策ルートは、フランス山→港の見える丘公園→近代文学館 (総距離 600m) の予定です。
  • 少雨決行です。ただし、当日の天候判断により、プログラムが変更されることがあります。
  • 台風や大雨等で中止にする場合には事前に申込者へ通知します。日中連絡のとれやすい電話番号をお知らせください。

 

【ツール】

ボタンひとつで物体の表面温度をはかることができる、「放射温度計」 ボタンひとつで物体の表面温度をはかることができる、「放射温度計」 を貸与します。
操作方法は簡単ですので、子どもから大人まで、安心してご使用いただけます。
午後は室内学習でふりかえります。オリジナルの記録カードを使った「学習ゲーム」も予定しています。
夏休み前半の、かっこうの学習チャンスです。

 

【講師】

講師
矢ケ崎 朋樹IGES国際生態学センター主任研究員