鈴木 邦雄

地球環境戦略研究機関 国際生態学センター センター長/横浜国立大学名誉教授
理学博士(東北大学)
Kunio Suzuki, Doctor of science

1970年東北大学理学部卒業後、横浜国立大学助手、助教授、教授、学長を歴任し、2016年 9 月より現職。熱帯アジアのマングローブ、泥炭湿地生態系を対象とした生態学的調査研究をはじめ、企業の環境戦略や地域環境計画、ミティゲーションなどに関して、生態学の視点から調査研究を進めている。著書には『エコマネジメント入門』(単著、有斐閣)、『水に浮かぶ森』(単著、信山社)、『環境共生型社会のグランドデザイン』(共著、NTT 出版)、『マネジメントの生態学』(単著、共立出版)、『熱帯生態学』(共著、朝倉書店)などがある。

略歴

昭和45年(1970)  東北大学理学部生物学科(植物生態学)卒業
昭和48年(1973)  横浜国立大学環境科学研究センター助手(植生学部門)
昭和57年(1982)  横浜国立大学経営学部助教授(環境管理学講座)
平成7~8年(1995-96)  豪州・サザンクロス大学客員研究員
平成11~13年(1999-2001)  横浜国立大学経営学部 学部長
平成13~15年(2001-2003)  横浜国立大学大学院 環境情報研究院長
平成13年(2001)  横浜国立大学大学院 環境情報研究院教授(環境マネジメント)
平成18年(1985-93)  国立大学法人 横浜国立大学 理事・副学長
平成21年(2009)  国立大学法人 横浜国立大学 学長
平成27年(2015)  国立大学法人 横浜国立大学 名誉教授(称号授与)
平成27年(2015-2017)  公益財団法人 神奈川科学技術アカデミー事業顧問(非常勤)
平成28年(2016-)  公益財団法人 地球環境戦略研究機関 国際生態学センター(IGES-JISE) センター長 現在に至る
平成29年(2017-2019)     地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所 副理事長
平成31年(2019-  地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所 理事長 現在に至る

活動

学会および社会における活動等

学  会
平成12年~平成14年(2000-2002)日本熱帯生態学会 評議員・幹事
平成4年~平成12年(1992-2000)日本海水学会 理事
平成4年~平成17年(1992-2005)日本マングローブ学会 理事
平成17年~平成23年(2005-2011)日本マングローブ学会 副会長
平成23年~平成29年(2011-2017)日本マングローブ学会 会長
平成16年~平成17年(2004-2005)日本生態学会 関東地区会長
平成9年~平成10年(1997-1998)日本農学会 評議員
平成14年~平成21年(2002-2009)自然環境復元学会 副会長
平成21年~(2009-)自然環境復元学会 会長
平成24年~平成27年(2012-2015)環境放射能除染学会 評議員
省  庁
平成20年~平成26年(2008-2014)日本ユネスコ国内委員会委員
平成23年~平成26年(2011-2014)日本ユネスコ国内委員会 自然科学小委員会委員長
平成3年~平成26年(1991-2014)日本ユネスコ国内委員会 人間と生物圏計画分科会委員
平成20年~平成26年(2008-2014)日本ユネスコ国内委員会 人間と生物圏計画分科会委員長
平成26年~(2014-)環境省環境研究費総合推進費アドバイサー(代表:東京情報大学 原教授)
平成9年~平成11年(1997-1999)大滝ダムふるさとの森整備ワーキング委員会 委員
平成8年~平成15年(1996-2003)宮が瀬ダムモニタリング委員会(ダムフォローアップ)特別委員(建設省・水資源開発公団)
平成4年~平成5年(1992-1993)環境影響評価におけるミティゲーション導入手法検討委員会
地方公共団体等
平成25年~平成26年(2013-2014)神奈川県科学技術会議 委員
平成26年~(2014-)神奈川県科学技術会議 副座長・委員
平成6年~平成15年(1994-2003)神奈川県公害審査会 調停委員
平成12年~平成13年(2000-2001)神奈川県水源林確保選考委員会 委員
平成12年~平成27年(2000-2015)公益財団法人 神奈川科学技術アカデミー(KAST) 評議員
平成14年~平成16年(2002-2004)神奈川県相模原射撃場あり方検討会議(神奈川県教育委員会) 委員
平成8年~平成30年(1996-2018)山梨県環境影響評価等技術審議会 委員
平成11年(1999)いわて環境地元学推進事業委員会 委員
平成9年~平成10年(1997-1998)横浜市リサイクル工業団地基本構想検討委員会 委員(横浜市)
平成8年~平成9年(1996-1997)環境エコアップマスタープラン策定専門委員会 委員(横浜市)
平成22年~平成27年(2010-2015)神奈川県ユニセフ協会 会長
そ の 他
平成4年~(1992-)公財 IGES国際生態学センター(JISE,IGES-JISE) 評議員・運営委員会委員
平成19年~(2007-)公財 尾瀬保護財団 尾瀬賞選考委員(H24~委員長)
平成24年~(2012-)公財 尾瀬保護財団 運営委員
平成22年~(2010-)公財 藤原ナチュラルヒストリー振興財団 評議員
平成26年~平成30年(2014-2018)公財 起業家支援財団 理事
平成16年~(2004-)NPO法人 日本ビオトープ協会 顧問(H25~代表顧問)
平成20年~平成29年(2008-2017)NPO法人 国際ふるさとの森協会 副理事長(H20-26) 監事(H27~)
平成11年(1999)いわて環境地元学推進事業委員会 委員
平成11年~(1999-)横浜環状南線自然環境検討委員会 委員 道路緑化保全協会他
平成14年(2002)日本国際賞分野検討委員会 委員
平成28年~(2016-)公財 自然保護助成基金 評議員

主な編著書

『ハマの大学 学長のおさらい』(単著、2017.8)ジアース教育新社
『生態系の暮らし方』(小池・金子・松田・重岡編著、分担執筆、2012.3)東海大学出版会
『技術者・研究者にもよく分かる マネジメント入門』(共著、2008.1)オプトロニクス社
『マネジメントの生態学』(単著、2006.2)共立出版
『熱帯生態学』(共著、2004.2)朝倉書店
『環境共生型社会のグランドデザイン』(共著、2003.3)NTT出版
『エコマテリアル学』(共著、2002)日科技連
『多機能・複合型地域開発経営とエコロジーの共存』(共編著、1998)K―FACE
『水に浮かぶ森』(単著、1997)信山社
『現代経営学への招待』(共著、1993)有斐閣
『エコマネジメント入門』(単著、1991)有斐閣選書
『緑と人間の文化』(翻訳、1989)東京書籍

主な論文

熊野・枯木灘県立自然公園域の植生日本自然保護協会調査報告40号S46.6
Phytosociological Studies on Miscanthus sinensis-Grasslands in the Ryukyu IslandsJIBP Grassland Project Progress Report 1971S47.3
立科山、八ヶ岳地区の植生長野県の植生第1巻S48
Vegetation der Dünen und Korallen-Bauten auf den Ryukyu-Inseln横浜国大環境研紀要 第2巻第1号S51
Über Psychotrio manillensis-Acerion oblongi横浜国大環境研紀要 第2巻第1号S51
山梨県の緑の自然、環境保全についての植生学的現状診断と提言山梨県S52
リュウキュウマツ群団について植物生態論集S53
八幡平の植生植物生態論集S53
Studies on the Pcencedanion japonicae in the Ryukyu IslandsVegetation und Landschaft JapanS54
琉球列島の植生学的研究横浜国大環境研紀要 第5巻第2号S54.3
Natürliche und ihre sommergrünen sekundäre-Wälder in Mittel JapanPhytocoenologia(国際植生学会誌)vol.7S55
Pflanzensoziologische Unterschungen in Taiwan. Küsten-Vegetation und immergrüne Laub-wälder auf dem B.Nan-Fong-SanHIKOBIA Suppl.1.S56
緑の環境管理のための景観区分神奈川県S56
Distribution of Evergreen & Summer-green broadleaved forest in Japan横浜国大環境研紀要 第8号第1号S57
焼畑農業経営への生態学的アプローチ-東カリマンタン、Sotek村を例として横浜国大環境研紀要 第8巻第2号S57
宮が瀬地区の植生-流域環境管理の基礎として横浜植生学会報告 第35号S57
日本におけるマングローブの植生学的研究. 1.西表島のマングローブ林横浜国大環境研紀要 第9巻第1号S58
神奈川県の社寺林調査報告森林第12号S59
Studies on the Plant Communities of the Yap Islands.-Plant Ecological Studies of the Micronesias 1-J.Phytogeogr.&Taxon vol.32(1)S59
植生情報による東南アジアと日本の景観比較横浜経営研究 第4巻第5号S59.3
パラオ群島の植生植物地理・分類学会誌 第34号第1号S62.3
The Vegetation Dynamics of the Residential Asia都市計画の基礎としての都市生態系の総合的研究ⅡS57
The Preservation & Creation of Vegetation in Urban planning都市計画の基礎としての都市生態系の総合的研究ⅢS63.3
Vegetation Changes due to Urbanization using a Landscape Ecological Approach都市計画の基礎としての都市生態系の総合的研究ⅢS63.3
風土・自然環境と食習慣に関する比較生態学的研究アサヒ生活文化振興財団研究紀要 1988年度S63
Vegetation Dynamics & Human Impact in the Peat Swamp Areas of ThailandResearches Related to the UNESCO’s MAB Programme in Japan(88-89)H元.3
Vegetation in the peat Swamp Areas of SE-Asia.2nd Rep. Natural & substitutional Vegetation at Narathiwat, Thailand泥炭湿地に関する国際シンポジューム報告集H元.8
Phytosociological Studies on the Peat Swamp Vegetation, 3. Secondary ForestResearch Related to the UNESCO’s MAB Programme in Japan(90-91)H3.3
熱帯林劣化の現状とエコマネジメント-地球環境問題の解決策を求めて産業公害第28巻4号H4.3
タイ国南部の泥炭湿地林におけるつる植物群落研究、第8巻H4.3
Phytosociological Studies on the Peat Swamp Vegetation, 1. Classification of Vegetation at Narathiwat, ThailandTropics(熱帯生態学会誌 2(1))H4.8
Phytosociological Studies on Tropical Peat Swamps,2J.Phytogeogr. & Taxon(植物地理・分類学会誌)vol.40H4.12
地域環境とエコマネジメント自治フォーラム5号(No.404)H5.5
企業のエコマネジメントのあり方TRI-VIEW7月号H5.7
東南アジアの森林伐採と住民に与えた影響日大国際地域研究叢書第8巻H5.11
日本の海岸植生・塩生植生日本海水学会誌第48巻5号H6
Balloonを用いた空中写真による植生判読生態環境研究第1巻1号H6
熱帯湿地林の劣化と修復地球環境変動の科学Ⅱ、クバプロH6
都市開発における環境動態-都市環境のマネジメントをと考える-「これからの都市と市民生活」第5集H6
Phytosociological Studies on the Peat Swamp Vegetation. 4.Vegetation Dynamics And Inventory of Permanent PlotsResearches Related to the UNESCO’s MAB Programme in Japan(93-94)H6.3
Vegetation Structure of a Natural Peat Swamp Forest at To-Daeng Study Site in Narathiwat, Thailand科研「新プロ・地球環境」最終報告H7.3
ミティゲーションとその課題群落研究 第12号H7.3
水辺環境のエコロジー環境技術 Vol.25 no.12H7.12
熱帯の自然と人国際シンポジウム「地球環境科学の課題と展望」報告書H8.3
A Phytosociological Study of Mangrove Vegetation in Australia With a Latitudinal Comparison of East AsiaMangrove Science vol.1H8.3
Ecological Rehabilitation of the Tropical Swamp ForestsWildl. Cons. Japan,2(1)H9.1
An Ecological Note on the Melaleuca Vegetation in AustraliaResearches Related to the UNESCO’s Man and Biosphere Programme in Japan(97-98)H10.3
Biodiversity of Mangroves: Latitudinal Comparison of Distribution of Mangrove SpeciesEcotone Ⅵ(Edts.L.Zhansheng & W.Wen)H10.6
東・東南アジアのマングローブ植生研究日本海水学会誌.第53巻,第3号H10.9
Biodiversity and Ecological Risk in Tropical PeatswampsProc. of the 2nd Intel’n Workshop on Risk Evaluation & Management of Chemicals. JST/YNU. Japan.H11.2
An Ecological Study on Melaleuca communities in littoral SwampsEco-Habittatvol.6H11.2
A geo-ecological Study on the Melaleuca species in AustraliaProc. of the 3rd Intel’n Workshop on Risk Evaluation & Management of Chemicals. JST/YNU. Japan.H12.1
Melaleuca-dominant Scrub recovered in a Burnt Lowland Peat Swamp: Process, Mechanism and Implications for Ecological Management.Studies on the Vegetation of Alluvial Plains:Commemoration of Prof. Okuda’s Retirement.H13.12
Ecological Studies on Mangroves and Melaleuca forests in Vietnam,1. Preliminary Field Investigation: Present State of the Can Gio Region.Researches Related to the UNESCO’s MAB Programme in Japan(2001-2002)H14.3
Natural/semi-natural mangrove geo-ecosystem establish by plantation in Can Gio district, Ho ChiMinh city, VietnamThe 4th General Seminar of the Core UnivProgram “Envi-ronmental Science and Technology forSustainable Development”H15.7
Growth characteristics of dominantly planted sp, Rhyzophora apiculata, and microclimate in the man-grove forest in Can Gio district, Ho Chi Minh city, Vietnam.The 4th General Seminar of the Core UnivProgram “Envi-ronmental Science and Technology forSustainable Development”H15.7
ハウステンボスの緑環境の価値評価知新(ハウステンボス研究会)vol.10H16.6
Phytosociological Studies on Vegetation of Coastal Dunes at Narathiwat, Thailand.Tropics, 34(3)H17.5
Differences in allometric relationships and causes of death among Melaleuca cajuputi populations in three subcoastal habitats.Biosphere Conservation. Vol.7, No.1.H17.11
Floristic composition of the terrastrial coastal vegetation in Narathiwat, Peninsular Thailand.Thai For. Bull.(Bot.) vol. 33H17.12
異なる立地に生育するMelaleuca cajuputiの個体群構造と地上部現存量生態環境研究 第12巻1号H17.12
植物社会学的、民族生物学的アプローチに基づく地域景観の資源性評価-日本の里地・里山地域(福井県鯖江市河和田地区)を例として-生態環境研究.第13巻1号H18.12
荒廃泥炭湿地における野火後の植生再生過程-タイ・ナラチワで実施した6年間の追跡調査から-TROPICS, vo.16(2)H19.3
マングロ-ブ前面群落構成種の個体群構造と相対成長関係Mangrove Science. vol.4/5.H19.3
マングローブ林減少による植物資源ミックスの変容-ミャンマー・エーヤワディデルタの事例から-Mangrove Science vol.4/5H19.3
Influence of Large Seasonal Water Level Fluctuations and Human Impact on the Vegetation of Lake Tole Sap, Cambodia.Forest Environments in the Mekong River Basin. H Sawada et al.(Eds.) Springer.H19.3
Generation and maintenance of suspension cultures from cotyledons and their organogenic potential of two mangrove species, Sonneratia alba and S. caseolaris.Plant Biotechnology Reports. vol.1H19.7
Plant Community Structure of the Coastal Vegetation of Peninsula Thailand.Thai For. Bull.(Bot.), Special IssueH21.3
Herbaceous Aquatic Vegetation in Lake Tonle Sap at Peak Flooding: A Case Study at Chong Khnies, Southern Siem Reap.Fac. of Liberal Arts Review, Tohoku Gakuin Univ, No.152.H21.3
Phytosociological Studies on the Forest Vegetation of Sand Bars in the Northern Part of the Peninsula ThailandECO-HABITAT (生態環境研究) 第17号第1巻H22.12
環境人材育成・海外研修プログラムの試み:タイ国ソンクラ大学との連携事例をふまえて自然環境復元研究 第5巻第1号H23.11
生き物が感性を培う犯罪と非行 2013年2月号H25.2
Assessment of Sustainable Plant Resource of the Mangrove Forest in the Ayeyarwady Delta, MyanmaGlobal Environmental Research 17/2013H25.9
生態系保全におけるVortexの可能性について自然環境復元研究第6巻1号H27.6
東北被災地の海岸林再生とふるさと復元生存科学 26巻1号H27.9
科学教室におけるシイノキ科樹木果樹散布体の模型製作ー教材化の有効性に関する一考察ーJISE REPORT,No.1H30.9

その他 最近著作(平成16年以降)

環境を学ぶ、環境を考える環境会議 2004年春号H17.12
Country Report: Activities of MAB-JapanProc. of the 2nd Workshop of MAB-Ecotone II. UNESCO Office, JakartaH18.4
ビオトープを生態系の機能から評価する技術会報(日本ビオトープ協会)no.6H18.5
商社業界により大学の環境教育への貢献日本貿易会月報.No.659.H20.3
清渓川の河川環境復元事業視察からソウル市清渓川復元プロジェクト視察団報告書H20.8
カンボジア・トンレサップ湖の浸水林と人々の暮らしJapan InfoMAB, no.32H20.8
学長インタビュー:都市にありながら緑豊かな環境、実践的学術の国際拠点として発展文部科学教育通信. (No.238)H22.2
日本の植生図とリモートセンシング写真測量とリモーセンシング 2010.2号H22.5
COP10にむけて:生物多様性条約から学ぶビオトープ No.26H22.7
生態系は語る富丘会報 No.141H22.12
名教とは、自然とはベストパートナー 第23巻第2号H22.12
自然と自然の関係性に共感『沈黙の春』日刊工業新聞H23.6
横浜国大の「名教自然」読売新聞H23.6
日本のMABが動いていますJapan InfoMAB vol.36H23.11
公共交通機関と大学自動車技術 Vol.66,no.4H24.4
被災地にエコパークをJapan InfoMAB Vol.38H24.8
「感性」を豊かにする学びFORUM 第17号H25.3
自然を再認識する環境汚染への警告の書人間会議 夏号2013H25.6
海外研究事始め-現場で学ぶ心意気-電気学会誌 第33巻8号H25.8
ユネスコエコパークの新規登録・拡張の動きJapan InfoMAB Vol.40H25.10
オリンピック・レガシーの共創ビオトープ No.37H28.1
潜在自然植生と森づくりJISEニューズレター. vol. 75.H28.12
『子どもの中の自然』(杉山惠一著)の刊行に寄せて子どもの中の自然H30.9
東京に、わがまちに高齢者は木を植えよう第32回日本高齢者大会報告集(第7分科会)H30.11
環境保全林からふるさとの森まで(1)JISEニューズレター. vol. 81: 1-3.H31.1
書評『なぜ科学はストーリーを必要としているのか』県立川崎図書館で出会う本~研究者、技術者、司書が選ぶ60冊H30.11
熱帯湿地と水辺ビオトープビオトープ(日本ビオトープ協会) No.45H31.1