村上 雄秀

地球環境戦略研究機関 国際生態学センター 専門研究員
博士(学術)(広島大学)
Yuhide Murakami, Ph. D

1955年、東京都生まれ。1977年立教大学理学部卒業。財団法人国際生態学センター主任研究員(1993-1999年)、同センター専門研究員(2000-2007年)を経て、現職。IGES-JISE では「アジア・太平洋地域を中心とする植生体系の調査・研究」、「生物多様性の保全に関する植生学的研究」を担当。近年は東日本大震災復興のための植生調査にも取り組んでいる。著書には、「日本植生誌全 10巻」(至文堂)、「図説 日本の植生」(朝倉書店)など、植生学に関するものがある。

学歴

1977立教大学理学部卒業
1993博士(学術)(広島大学総合科学部)
「日本のマント群落に関する植物社会学的研究」

職歴

1989-2008横浜国立大学常勤講師
1993-1999(財)国際生態学センター主任研究員
1995-横浜国立大学工学部非常勤講師(2008年度講義「環境管理学」)
1996-法政大学工学部非常勤講師(2008年度講義「生物の多様性」)
2000-2007(財)国際生態学センター専門研究員
2001-2005福井県雪対策・建設技術研究所客員研究員
2006-埼玉大学非常勤講師(2008年度講義「環境科学A」)
2007-(財)地球環境戦略研究機関 国際生態学センター 上席研究員

公的活動
(現在活動中のもの)

1996-2008植生学会企画委員
2005-環境省自然環境基礎調査技術専門部会メンバー
2007-神奈川自然保護協会理事
2008-植生学会企画委員長・同運営委員・同編集委員

現在の研究課題

(1)林縁植生に関する植物社会学的研究
(2)中国東部地域の植物社会学的研究
(3)特殊母岩地植生の植生類型・群落環の把握
(4)タイ雨緑林における群落環研究
(5)潜在自然植生概念を応用した多様な自然再生
murakami4
murakami3
murakami2

おもな研究業績

(1)日本植生誌全10巻(共著).至文堂.1980-1989年.
(2)日本植物群落図説(共著).至文堂.1990年.
(3)宮脇 昭・村上雄秀.富士宮市の植生. 177pp.1987年.
(4)村上雄秀・宮脇 昭. 秩父山地のイヌブナ・ブナ林について.横浜国大環境研紀要,15: 103-117.1988年.
(5)村上雄秀・宮脇 昭. 秩父山地のヒノキ林について.日生態会誌,40: 85-94.1990年.
(6)村上雄秀. 南西諸島のマント群落.日生態会誌,41: 191-208.1991年.
(7)村上雄秀. 秩父山地のウラジロモミ-コメツガ林について.生態環境研究,1: 1-13.1994年.
(8)MURAKAMI, Y.Heliophilic mantle communities in Japan.Phytocoenologia, 25: 107-152.1995年.
(9)MURAKAMI, Y., S.MEGURO et al. Woody vegetation in Bintulu and Similajau National Park, Malaysia.ECO-HABITAT, 3: 1-17.1996年.
(10)村上雄秀・中村幸人. 丹沢山地における動的・土地的植生について.丹沢大山自然環境総合調査報告書,122-167.1997年.
(11)MURAKAMI, Y., Y. NAKAMURA & Y.C. SONG. Scrub and grassland vegetation inrural landscape area of Tiantong National Forest Park, China. ECO-HABITAT
(12)村上雄秀. 日本の丘陵地生マント群落. 生態環境研究, 7:25-71. 2000年
(13)村上雄秀. 横浜市内の遊水地の植生概況. 生態環境研究, 8:65-74. 2001年
(14)村上雄秀・中村幸人・鈴木伸一. 高知県大川村の地域植生誌的研究. 生態環境研究, 9:25-84. 2002年.
(15)MURAKAMI, Y., Y. NAKAMURA & Y.C. SONG. Mantle communities in eastern China. ECO-HABITAT, 10:123-145. 2003年.
(16)坂田正宏・村上雄秀.中小河川中上流域の生態系復元計画.多自然研究,92: 3-11.2003年.
(17)村上雄秀・矢ヶ崎朋樹. 横浜市の河川源流域における水辺植生(). 横浜の川と海の生物(河川編), 127-150. 2004年.
(18)村上雄秀. 日本のマント群落の群落体系.生態環境研究, 11:13-48. 2004年.
(19)村上雄秀. 丹沢山地におけるシカ食害による偏向遷移について. 日本生態学会関東地区会会報. 54: 7-19. 2005年
(20)村上雄秀. 日本のマント群落の生態的特性.生態環境研究, 12:11-30. 2005年.
(21)村上雄秀.日本の路傍・林縁生1年草群落について.生態環境研究,13: 43-58.2006年.
(22)村上雄秀・鈴木伸一・林 寿則・矢ヶ崎朋樹.丹沢大山の植生-シカ影響下の植物群落-.丹沢大山総合調査学術報告書,17-66.2007年.
(23)安藤彰則・鈴木伸一・村上雄秀.東・西丹沢の植生比較-丹沢東西モニタリングエリアの植生-.丹沢大山総合調査学術報告書,67-74.2007年.
(24)村上雄秀.シカ食害下の丹沢山地の植生変遷について.生態環境研究,14: 19-33.2007年.
(25)村上雄秀・安藤彰則. 人為的干渉を排除した市街地川辺植生の5年間の遷移.生態環境研究,15: 11-29.2008年
(26)村上雄秀. 植物社会学に関する基本的認識.植生情報,13: 15-18.2009年
(27)村上雄秀・西川博章. 琵琶湖東岸における湖岸および河辺植生の比較研究.生態環境研究,16: 13-52.2009年

プロフィール

1955年、東京生まれ・横浜在住。

<所属学会>
日本生態学会(1978-)、植生学会(1996-)、植物地理・分類学会(1980-)、日本植物分類学会(1982-)

コメント

  • 論文の別刷を希望の方は紙媒体、PDFの種別を明記の上、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
  • 研究紹介「未知の植生を記録する」のダウンロードはこちら