野外の身近な自然要素(生物・鉱物)の観察を通して、日頃は意識することの少ない自然要素(花粉や砂粒の色・形など)の多様さへの新たな気づきや驚き・面白さの体験を通して、自然・生物についてみんなでいっしょに楽しく学びます。

日 時①2022年7月31日(日)10:00~15:00 (天神島)
②2022年8月  7日(日)10:00~15:00 (葉 山)
場 所①天神島臨海自然教育園・天神島ビジターセンター(神奈川県横須賀市佐島)
②葉山しおさい博物館・葉山一色海岸      (神奈川県三浦郡葉山町一色)
内 容①午前中は、野外(①天神島臨海自然教育園、②葉山一色海岸)で自然・生物の観察及び採取を行います。
②午後は、室内で午前中に採取した砂、プランクトンまたは花粉を小型の顕微鏡を使って観察します。
③最後に、観察や学習のまとめを行います。
参加費無料
対 象小学生とその保護者 15名(応募多数の場合は抽選)
主 催IGES国際生態学センター
共 催葉山しおさい博物館(三浦郡葉山町)、横須賀市自然・人文博物館(横須賀市)
お申込① 7月31日(天神島)のお申込みは、こちらから  ※申込期限:7月17日(日)18時
② 8月 7日(葉 山)のお申込みは、こちらから  ※申込期限:7月24日(日)18時 
  • 本イベントに関するお問い合わせは IGES 国際生態学センター Email :  jise@iges.or.jpへお願いします。
  • COVID-19流行拡大の状況により、プログラムの内容を変更・中止とさせていただく場合があることをご承知おきください。
  • 葉山しおさい博物館、横須賀市自然・人文博物館へはお問い合わせをなさらぬようお願いいたします。

 

【講師】

講師
矢ケ崎 朋樹IGES国際生態学センター 主任研究員
倉持 卓司葉山しおさい博物館
山本  薫横須賀市自然・人文博物館