植物のなかには、風をつかって種(たね)を遠くへとばして、なかま(子孫)を増やしている種類があります。このような植物の種(たね)のことを「風散布種子(かぜさんぷしゅし)」と呼んでいます。
この学習会では、様々な「風散布種子」を野外で落下させ、様子を観察するほか、シナノキの仲間の「風散布種子」のかたちをまねて模型(通称:シナコプター)をつくり、落下実験を行って植物の”かたちのなぞ”にせまります。
生物のかたちなどからヒントを得て、ものづくりに応用することを「生物模倣(もほう)」といい、風にのってグライダーのように飛んでいくハネフクベという植物の種(たね)の形をまねて飛行機を作った例は有名です。
※ ①② 同じ内容で開催します。

日 時2022年10月22日(土)
① 10:00~12:00
② 13:30~15:30
場 所横浜市内
集 合詳細未定
参加費無料
対 象子ども(小学生以上)とその保護者
※小学生の場合は保護者同伴が必要
募集人員15名(事前申込制,応募多数の場合は、抽選)
主 催公益財団法人地球環境戦略研究機関 国際生態学センター
詳細※8月下旬に詳細決定 今しばらくお待ちください。
申込詳細決定後、こちらから直接お申込みいただけます。※申込期限:10月8日(火)18時
  • 本イベントに関するお問い合わせは IGES 国際生態学センター Email :  jise@iges.or.jpへお願いします。
  • COVID-19流行拡大の状況により、プログラムの内容を変更・中止とさせていただく場合があることをご承知おきください。
  • 保護者同伴が必須となります。
  • 雨天の場合は翌日(10月23日)に延期し、10月23日が雨天の場合は中止となります。
講師
矢ケ崎 朋樹IGES国際生態学センター主任研究員